ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年11月30日 11時35分 UPDATE

「Surface Studio」をiFixitが分解 ARMプロセッサ搭載と判明

Microsoftが10月に発表したiMac対抗のAIO「Surface Studio」をiFixitが分解した。ストレージ(SDDおよびHDD)が換装可能であることが分かった他、未発表のARMプロセッサが搭載されていることが明らかになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ハードウェア製品の分解マニュアルを掲載しているWebサイトiFixitが11月29日(現地時間)、米Microsoftが10月26日に発表したオリジナルブランドの液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」の分解レポートを公開した。

 surface 1 分解結果

 Surface Studioは、AppleのiMacのようなオールインワン(AIO)タイプのPC。タッチパネル操作が可能なSurfaceシリーズの特徴はそのままに、最上位モデルではCPUに米Intelの第6世代クアッドコアCore i7、GPUに米NVIDIAのGeForce GTX980M、32GBメインメモリ、2TBのSSDを搭載するハイエンドのデスクトップPCだ。米国での販売価格は2999ドル(約30万円)から。日本での発売時期や価格についてはまだ発表されていない。

 surface 2 Surface Studio

 分解の結果、Microsoftの発表イベントでは紹介されなかったが、ARM Cortex-M7が搭載されていることが分かった。米The Vergeは、このプロセッサはPixelSenseディスプレイの制御に使われているとしている。

 surface 3 ディスプレイの背面に取り付けられた基板。青い囲みがARMプロセッサ

 RAM、CPU、GPUは基板にはんだ付けされていて換装が難しいが、ストレージ(SSDおよびHDD)は換装可能という。

 恒例の「修理しやすさ」評価は10点満点の5点だった。写真が豊富なiFixitのレポートはこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.