ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年12月14日 08時04分 UPDATE

プーチン露大統領に贈った秋田犬「ゆめ」生きていた! 日本メディアのインタビューに登場

秋田県の佐竹敬久知事がロシアのプーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」(雌、4歳7カ月)が生きていたことが分かった。

[産経新聞]
産経新聞

 秋田県の佐竹敬久知事がロシアのプーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」(雌、4歳7カ月)が生きていたことが分かった。ゆめの消息は、2014(平成26)年2月にロシア南部ソチの大統領公邸で行われた日露首脳会談の際、大統領と一緒に安倍晋三首相を出迎えて以来、3年近く分かっていなかった。

 ゆめは、日本メディアがモスクワ・クレムリンで行ったインタビューの際にプーチン氏とともに現れた。AP通信やロイター通信は、プーチン氏とゆめが戯れる写真を配信した。

 ゆめは12(平成24)年、東日本大震災後の支援に対する東北地方からのお礼として佐竹知事からプーチン氏に贈られた。プーチン氏からは返礼として雄のシベリア猫「ミール」が贈られ、知事公舎で飼われている。

 ゆめの元の飼い主で秋田犬保存会に所属する秋田県大館市の畠山正二さん(73)は「しばらく報道されなかったので、どうしているか心配していた。大統領に大事にされている様子で、随分たくましくなっていて、うれしい」と話している。

 15日からのプーチン氏の日本訪問に合わせ、ゆめの「婿」として雄の秋田犬を贈る計画があったが、ロシア政府は断っていた。

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -