ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年12月27日 13時58分 UPDATE

虚偽ニュースを信じたパキスタン国防相、Twitterでイスラエルに核報復を示唆

「イスラエルがパキスタンを核攻撃する」という偽ニュースにTwitterで反応。

[AP通信]

 核保有国であるパキスタンと、同じく事実上の核保有国とみられているイスラエルの間で先週末、偽のニュースが発端となり、Twitterを介して緊迫したやりとりが行われた。虚偽ニュースが不安定な世界情勢に及ぼしうる悪影響があらためて浮き彫りとなったかたちだ。

 事の発端は、イスラエルの前国防相が「パキスタンがシリアに軍隊を派遣すれば、イスラエルはパキスタンを核で攻撃する」と発言したという偽のニュース。この虚偽ニュースを真に受けたのであろうパキスタンのムハンマド・アシフ国防相は、「パキスタンも核保有国であることをイスラエルは忘れたのか」とTwitterで反応した。

 これを受け、イスラエル国防省は12月24日、オンラインサイトAWD Newsに掲載された元記事は「完全に虚偽だ」とTwitterで否定した。

 AWD Newsは事実検証機関から虚偽ニュースサイトに認定されている。

photo 偽ニュースサイトAWD Newsの記事(Image by ITmedia)

 イスラエルは核兵器に対する立場を曖昧にしており、自らの核兵器保有については肯定も否定もしていない。パキスタンは1998年に核兵器国となった。両国間に国交はない。

 イスラエルの説明に対し、パキスタンからはすぐには反応がなかった。

Copyright 2018 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.