ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年12月28日 05時49分 UPDATE

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさん、死去 マーク・ハミル「言葉もない」ツイート

スター・ウォーズ最新作である「ローグ・ワン」では本人そっくりのCG映像で出演した「レイア姫」が亡くなった。

[AP通信]

 ハリウッド女優の娘であり、最初の「スター・ウォーズ」でレイア姫を演じ、薬物中毒と精神疾患の体験を綴った著書を大ヒットさせ、映画や舞台での演技でも人気だったキャリー・フィッシャーさんが飛行機搭乗中に重体となり、12月27日、亡くなった。60歳だった。

 フィッシャーさんの死は、娘であるビリー・ロードさんの広報担当者を通じて発表された。

 「非常に悲しいことですが、ビリー・ロードは愛する母であるキャリー・フィッシャーが今朝8時55分に死去したことを明らかにしました」と、サイモン・ホールズ広報担当者が声明を発表した。「彼女は世界から愛されており、深い悲しみをもって送られることでしょう」

 女優のデビー・レイノルズと歌手のエディー・フィッシャーの娘であるキャリー・フィッシャーさんは23日、ロサンゼルス国際空港で救急救命士による対応後、入院していた。家族によれば、23日夜に集中治療を受けていたという。

 フィッシャーさんは1975年のヒット映画「シャンプー」でウォーレン・ベイティーの相手役としてデビュー。「オースティン・パワーズ」「ブルース・ブラザーズ」「チャーリーズ・エンジェル」「ハンナとその姉妹」「スクリーム3」「恋人たちの予感」にも出演している。

 しかし、彼女が最もよく知られているのは1977年の「スター・ウォーズ」におけるレイア姫役だった。印象的な髪型でささやいた「たすけてオビ=ワン・ケノービ。あなただけがたより」は永遠の名台詞となった。彼女のレイア姫はジャバ・ザ・ハットに鎖でつながれていたときですら、元気いっぱいで力強かった。彼女は2015年のエピソード7「フォースの覚醒」でも再びレイア役を演じ、最新作である「ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー」ではCGレンダリングされた映像で出演している。

photo 1978年11月13日、テレビ番組「The Star Wars Holiday」撮影の合間にハリソン・フォードと話すキャリー・フィッシャー(AP Photo/George Brich)
photo 1978年11月13日、テレビ番組「The Star Wars Holiday」で、ウーキーに守られるレイア姫(AP Photo/George Brich)
photo 2011年4月7日撮影(AP Photo/Chris Pizzello)

 「言葉もない。ショックを受けている」とルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんは27日、Twitterを投稿した。

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.

ピックアップコンテンツ

- PR -