ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年01月11日 11時25分 UPDATE

北日本を中心に暴風雪や大雪に警戒

きょうの日本付近は冬型の気圧配置が強まります。北日本や北陸は暴風雪や大雪、猛吹雪などに警戒を。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 きょう(1月11日)の日本付近は冬型の気圧配置が強まります。北日本を中心に暴風雪や大雪、猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害に警戒を。高波にも注意が必要です。

photo

北日本や北陸は冬の嵐

 11日の日本付近は冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空5000メートルには、平年より5度以上低い氷点下36度以下の空気が流れ込んできます。この寒気はしばらく居座るため、北日本の日本海側や北陸周辺では長い時間、同じ場所で雪が降り続くでしょう。

 大気の状態が不安定になるため、雪や風が局地的に強まったり、落雷の恐れもあります。北日本や北陸を中心に暴風雪や大雪、猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害に警戒し、高波にも注意してください。

 また、平地にも雪を降らせるような強い寒気が、あす(12日)にかけて、西日本まで南下した状態が続きます。西日本でも山沿いを中心に雪の強まる所があるでしょう。車を運転される方は十分にご注意ください。

  • あす(12日)朝までに予想される降雪量は

北陸は70センチ、北海道や東北の日本海側、関東甲信地方は50センチ。

  • 予想される最大風速(最大瞬間風速)は

北海道地方の陸上は20メートル(35メートル)、東北地方の陸上は18メートル(30メートル)、北陸地方の陸上は16メートル(30メートル)。

  • 予想される波の高さは

北海道地方、東北地方、北陸地方はいずれも5メートル。

 今週末は最強の寒気が襲来する恐れがありますので、今後の気象情報にもご注意ください。

太平洋側も所々で雪や雨 各地で厳しい寒さに

  • きょう(11日)の天気

 冬型の気圧配置が強まるでしょう。北日本の日本海側は雪でふぶく見込みです。猛吹雪による交通障害にご注意ください。北陸から山陰の平地は雪か雨で、雷が鳴る所もあるでしょう。山沿いは雪になりそうです。

 一方、太平洋側各地と九州は大体晴れますが、東北や東海の太平洋側には雪雲や雨雲が流れ込んでくる事がある見込みです。また、全国的に風が強まり、寒中らしい寒さになる所が多いでしょう。

 予想最高気温は、札幌は氷点下7度、釧路は氷点下5度、青森は氷点下3度、仙台4度、金沢5度、東京や名古屋、福岡は9度、大阪と広島は10度、高知と鹿児島は12度です。北日本や北陸はきのうより5度以上低く、平年を下回る厳しい寒さになりそうです。風も強いので、体感的にかなり寒く感じられるでしょう。防寒対策は万全にお出かけください。

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.