ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年01月24日 18時53分 UPDATE

トランプ大統領、「ネット中立性」に批判的なFCC新委員長指名 (1/3)

オバマ政権が推進した「ネット中立性」はトランプ政権でいったいどうなるのか?

[AP通信]

 米ドナルド・トランプ大統領は、米国内の電波や通信を管理する連邦通信委員会(FCC)の新委員長に、オバマ政権が推進した「ネット中立性」規制に批判的な人物を指名した。

 その人物とはアジット・パイ氏だ。同氏は1月23日に声明を発表し、FCC新委員長に指名されたことについて大統領への感謝を述べた。複数のメディアが先週、パイ氏がFCC新委員長に就任するとの見通しを報じていた。

photo アジット・パイ氏(AP Photo/Susan Walsh)

 FCCはテレビや電話、インターネットサービスなど、米国の電気通信インフラを規制する政府機関であり、5人の委員で構成される。

 現在FCCには3人しか委員がおらず、パイ氏は2人の共和党系委員のうちの1人だ。今後は共和党が議会とホワイトハウスを支配し、FCCでも共和党系が多数派を占めることから、これまで消費者保護団体が称賛し、多くの通信事業者やケーブル事業者が反対してきたFCCの各種の政策は後退を余儀なくされることになりそうだ。インターネットサービスプロバイダーに対し、特定のWebサイトやアプリを優遇することを禁じたネット中立性の規制もその1つだ。

 「デジタル時代のメリットを全ての米国民にもたらし、イノベーションと投資を推進するために、私たちにできることはたくさんある」。Twitterを愛用するパイ氏は23日、そうツイートしている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.