ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年01月31日 12時02分 UPDATE

国連、トランプ大統領“移民抑制”に撤回求める 「2万人の居場所なくなる」

トランプ大統領の移民抑制に関する大統領令に対し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が撤回を求める声明を発表。「約2万人の居場所がなくなる」としている。

[ITmedia]

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は1月30日(米国時間)、ドナルド・トランプ米大統領が移民を抑制する大統領令に署名したことに対し、撤回を求める声明をWebサイトで公開した。「120日間で約2万人の居場所がなくなる」としている。

photo 大統領令に署名するドナルド・トランプ大統領

 UNHCRのフィリッポ・グランディ国連弁務官は「今週だけでも、アメリカで新しい生活を始めようとしていた800人が入国を禁じられた」と説明。「数十年の間、移民を保護するリーダーの存在だった米国が、今後も紛争と迫害から逃れてきた人たちと長い歴史を紡いでいくことを望む」とし、大統領令の速やかな撤回を求めている。

 大統領令をめぐっては、Google、Facebook、Microsoft、TwitterなどのIT企業のCEOが懸念を表明したほか、前大統領のバラク・オバマ氏が反対する声明を発表している。

photo UNHCRの声明

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.