ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年02月02日 15時16分 UPDATE

Facebook傘下のOculusに5億ドルの賠償支払い命令 著作権侵害で

創業者パルマー・ラッキー氏にも賠償命令。

[AP通信]

 米Facebook傘下の仮想現実(VR)企業であるOculus VRとその共同創業者2人が厳しい現実にさらされている。連邦裁判所の陪審が、ビデオゲーム会社ZeniMax Mediaの著作権を侵害したとして、Oculusに5億ドルの賠償金の支払いを命じる評決を下したのだ。

photo Oculus Rift(Image/ITmedia via Oculus VR)

 この評決は2月1日、テキサス州ダラスの連邦裁判所で言い渡された。Facebookは2014年、VRハードウェアやVRコンテンツを開発するOculusの買収に20億ドルを支払ったとされているが、今回の賠償金はその約4分の1に相当する。

 陪審が下した結論は、Oculusとその共同創業者であるパルマー・ラッキー氏およびブレンダン・イリーブ氏は製品開発の過程でZeniMax Mediaの著作権と商標を侵害したというもの。

 賠償金5億ドルのうち、Oculusが3億ドルを支払い、イリーブ氏が1億5000万ドル、ラッキー氏が残りの5000万ドルを支払う。

 Oculusは上訴する方針だという。

 ZeniMaxの取締役会には、ドナルド・トランプ米大統領の弟ロバート・トランプ氏が参加している。

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.