ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年02月14日 12時46分 UPDATE

R2-D2の“2代目中の人”が「STAR WARS: THE LAST JEDI」に出演とカミングアウト

「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「THE LAST JEDI」でロボット「R2-D2」を演じるのは、昨年8月に亡くなったケニー・ベイカーさんの教えを受けたジミー・ヴィーさんであると、ヴィーさんの所属プロダクションが発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 映画「スター・ウォーズ」シリーズでロボット「R2-D2」を演じた英国俳優のケニー・ベイカーさんが昨年8月に亡くなった後を引き継ぐのは、スコットランド出身の俳優、ジミー・ヴィーさん(57)であると、ヴィーさんが所属する英プロダクションOh So Small Productionsが2月13日(現地時間)に発表した。

 vee 1

 発表文でヴィーさんは「レジェンドであるケニー・ベイカーさんと共に働けて大変嬉しかった。ケニーは私に、R2-D2を生き生きさせる“トリック”を教えてくれた」と語った。

 ヴィーさんは米国などで12月15日封切り予定の「STAR WARS: THE LAST JEDI」に出演する。

 vee 2

 ヴィーさんは、身長116センチで、これまでに「ハリー・ポッター」シリーズや「PAN ネバーランド、夢のはじまり」、英BBCのテレビドラマ「DR.WHO」などに出演している。

 ヴィーさんのTwitterをさかのぼって読むと、2015年ごろからスター・ウォーズ関連のツイートをRTしており、2016年2月にはチューバッカと一緒の画像をツイートしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.