ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年03月03日 15時10分 UPDATE

郵便局の「電脳ひな祭り」で「Wordで描くおひなさま」を教えてもらえる

開催は3月3日午後1時〜4時まで。

[太田智美,ITmedia]

 3月3日、日本橋南郵便局で「第20回 電脳ひな祭り 2017」が開催された。「電脳ひな祭り」とは、高齢者や障害のある人たちなど気軽な外出が難しい人たちにもネットを通じて参加してもらえたらと始めたひな祭りイベント。1997年から開催しており、今年で20回目となる。主催は、NPO法人ブロードバンドスクール協会のメンバーからなる電脳ひな祭り実行委員会。


電脳ひな祭り


 イベントでは、Microsoft Wordで作ったおひなさまの絵を展示したり、Wordで描いたおひなさまの絵ハガキを無料でもらえるほか、実際にPCを使ってWordでおひなさまの絵を描く体験や81歳の女性が作ったiPhoneアプリ「hinadan」で遊ぶことができる。教えてくれるのは、このイベントを取り仕切るシニア層の皆さんだ。途中、遠隔地の人たちとひなまつりを楽しむため、仙台や熊本、ボストン、台湾とスマートフォンでビデオ通話企画も実施された。


電脳ひな祭り イベントを取り仕切るシニア層の皆さんがWordで作ったおひなさまの描き方を直々に教えてくれる

電脳ひな祭り Wordアートの講師を務める峰尾節子さんがWordで作ったおひなさまの絵

電脳ひな祭り 1対1で丁寧に教えてくれる

電脳ひな祭り

電脳ひな祭り PCは会場に用意されている

電脳ひな祭り 若宮正子さんが作ったアプリも体験できる。遊び方を教えてくれるのは、なんと開発者本人

電脳ひな祭り このイベントには海外からもビデオ通話で参加

電脳ひな祭り

 開催は3月3日午後4時まで。予約などの必要はなく、無料で誰でも参加できる。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.