ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年03月06日 08時15分 UPDATE

「けものフレンズ」人気、作り手も「想定外」 今明かされる「たのしー!」誕生秘話 (1/7)

「けものフレンズ」がネットをわかせている。この人気は作り手側も「想定外」。あの名台詞の誕生秘話も聞いた。

[産経新聞]
産経新聞

 最近、インターネット上をザワつかせているのが「けものフレンズ」(テレビ東京ほか、火曜深夜1時35分)という深夜アニメだ。人の姿をしたかわいい動物たちが、ほのぼのとした会話を繰り広げながら世界を旅するストーリー……のはずが、「人類は絶滅した」など不穏な世界観も漂わせる。そのギャップこそが人気の秘密だ。モチーフになった動物を実際に見ようと、ファンが各地の動物園に訪れる動きも出始めている。

画像 「けものフレンズ」に登場する“フレンズ”たち。野生動物をモチーフとしている(C)けものフレンズプロジェクトA

星野源さんもファン公言

 いわゆるメディアミックス作品で、プロジェクトは2014年に発足。ゲーム、漫画が先行し、アニメは今年1月に始まった。

 「ケロロ軍曹」で知られる漫画家の吉崎観音(みね)さんが、コンセプトデザインを手掛ける。アニメ「てさぐれ!部活もの」のたつきさんが監督を務める。

 ニコニコ動画の第1話再生回数は240万超え。「すごーい!」「君は○○なフレンズなんだね!」など、セリフをもじった言い回しがネット上では流行。歌手で俳優の星野源さんら、ファンを公言する著名人も少なくない。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.