ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月17日 08時27分 UPDATE

東芝、中国系の出資「断っている」 半導体分社、先端技術の流出を懸念 (1/2)

東芝が半導体事業を分社して設立する新会社について、中国系のファンドや企業からの出資提案を断っていることが分かった。

[SankeiBiz]

 経営再建中の東芝が半導体事業を分社して設立する新会社について、中国系のファンドや企業からの出資提案を断っていることが16日、分かった。半導体の先端技術が中国に流出することを懸念する政府に配慮する。一方、官民ファンドの産業革新機構が新会社に一部出資する案も浮上している。

画像 東芝の本社ビル=東京都港区芝浦(撮影・大竹信生)

 東芝は半導体新会社の株式の完全売却も視野に、出資を募る入札の手続きを始めている。3月末に1次入札を締め切り、5月をめどに売却先を絞り込む考え。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.