ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年03月21日 08時08分 UPDATE

クラシカル霊柩車“絶滅”の危機 なぜ? (1/4)

金箔などで豪華な装飾を施した「宮型霊柩車」が減少している。

[産経新聞]
産経新聞

 金箔(きんぱく)などで豪華な装飾を施した「宮型霊柩車(れいきゅうしゃ)」が減少している。近年では、派手な葬送が敬遠され、住民への配慮から、条例で火葬場への入場を禁止する自治体もあるという。最近は、簡素な葬儀や密葬も増え、派手な装飾がない「洋型」や「バン型」が増え、宮型の存在感は薄まっている。(桑村朋)

画像

創業97年「宮型」老舗メーカーも倒産

 今年1月、宮型霊柩車の衰退を象徴する出来事が起きた。一部有識者から宮型の“元祖”とも評される大阪市鶴見区の霊柩車製造会社「セガワ」が、裁判所から破産手続きの開始決定を受けたのだ。大正9(1920)年創業で、業界では霊柩車製造の草分け的存在として知られていた。

 代理人弁護士によると、霊柩車単価が下落し、受注減少による採算の悪化が影響したとみられる。かつて主力だった宮型も近年、需要は少なくなり、100年近く続いた同社の霊柩車作りは静かに幕を閉じた。

全体の1割……洋型、バン型に押され

 「全国霊柩自動車協会」(全霊協)によると、昨年4月時点で、全国にある霊柩車は計約5千台。洋型とバン型が約8割で、宮型は約650台と霊柩車全体の約1割だ。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -