ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月28日 08時22分 UPDATE

シャープ旧本社解体工事始まる 93年の歴史に幕 (1/2)

大正13年から93年の歴史をもつ「第2の創業の地」が名実ともに消えることになる。

[産経新聞]
産経新聞

 シャープの旧本社ビル(大阪市阿倍野区)の解体工事が27日から始まった。シャープがこの地に本社を構えたのは、創業者の早川徳次氏が関東大震災後に東京から移転させた大正13年で、93年の歴史をもつ「第2の創業の地」が名実ともに消えることになる。慣れ親しんだ看板が下ろされることに、近隣住民や社員からは惜しむ声が聞かれた。

画像 創業者・早川徳次氏の社葬で、シャープ本社前で故人を見送る社員や近隣住民の列=昭和55年(シャープ提供)
画像 解体工事が始まったシャープの旧本社=27日午前、大阪市阿倍野区(前川純一郎撮影)
画像 旧本社(奥)の隣接地で昭和29年に建てられた田辺工場(現田辺ビル、シャープ提供)

 解体工事は8月末までの予定。この日は、午前から資材を積んだトラックやショベルカーが次々と建物内に入り、作業員らが取り壊し作業を進めた。

 近隣住民らが足を止めて名残惜しそうに「SHARP」の看板の写真を撮影する姿も。跡地には家具量販大手のニトリ(札幌市)が大型店舗を建設する予定だ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.