ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年04月17日 13時54分 UPDATE

ディープラーニング向けGPUサーバを1時間267円で さくらインターネットが提供

米NVIDIAの「TITAN X」や「Tesla P100」を搭載したサーバを1時間から使用できる。

[井上輝一,ITmedia]

 さくらインターネットは4月17日、ディープラーニングや4K映像制作に不可欠なGPU演算に特化した「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」の時間単位での提供を開始した。

 使用できるサーバモデルは米NVIDIAの「TITAN X」(Maxwell)モデル、「TITAN X」(Pascal)モデル、「Tesla P40」モデル、「Tesla P100」モデルの4種。

 1時間から使用でき、MaxwellのTITAN Xモデルは1時間267円、上位モデルのTesla P100モデルでも1時間357円となる。

「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」の仕様(プレスリリースより)

 高火力コンピューティングはアニメーション製作会社の白組による4K60pの映像制作プロジェクトや、Preferred NetworksとFixstars、さくらインターネットが共同で行った分散型ディープラーニングを実現したChainerMNプロジェクト、山本一成さんと下山晃さんが開発する将棋AI「Ponanza」などで採用されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.