ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月02日 09時37分 UPDATE

クマも退ける“最強のケータイ” 女性にも人気の京セラ「トルク」 (1/4)

頑丈さを売りにした京セラの携帯電話「TORQUE(トルク)シリーズ」が好評。屋外レジャーなどでも使いやすく、女性ファンも獲得しているという。

[SankeiBiz]

屋外レジャー、過酷作業の「タフ」な相棒

 端正なデザイン、薄型のスリムなボディーで、写真撮影や音楽再生など機能が向上したスマートフォンがもてはやされる中、頑丈さを売りにした京セラの携帯電話「TORQUE(トルク)シリーズ」が好評を博している。屋外レジャーや工事現場など過酷な環境でも使いやすくて壊れにくいほか、天気などの情報を利用者に知らせる優れもので、女性ファンも獲得している。いつの時代も、たくましくて優しい「タフガイ」が支持されるのは、人間も携帯も変わらないようだ。

photo トルクシリーズは40〜70代の男性から支持を得ている

落下・水没……耐久テスト

 「深さ1.5メートルの水中に30分間沈ませる」「1.8メートルの高さから鉄板やコンクリートに26の方向で落とす」「摂氏50度、マイナス21度の温度環境で働かせる」。

 拷問ではない。京セラがKDDI向けに製造し、今年2月に発売されたトルクシリーズ初のフィーチャーフォン「X01」の開発時に行った耐久試験の例だ。

 米国防総省が定める耐久試験の18項目に準拠したほか、独自試験も実施。防水、防塵、耐衝撃、温度耐久などの性能を最大限に高めた。

 X01は四隅やカメラレンズの周辺がバンパーに覆われ、手のひらに載せると、約180グラムのずっしりとした重量感が伝わってくる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.