ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年05月09日 07時03分 UPDATE

「全てを見たかった」 コスプレスタジオに盗撮カメラ……中年男のゆがんだ恋情 (1/5)

「彼女は僕のアイドル。全てを見たかった」

[産経新聞]
産経新聞

 アニメの主人公のような可憐(かれん)なドレス姿が好きだった。だが、服を着ている姿だけでは満たされなかった。20歳以上も年下の女性コスプレイヤーに一目ぼれし、追っかけを続けること10年。不惑をとうに越えた中年男は、経営する“お姫様系”撮影スタジオに女性を連れ込むと、カメラを仕掛けた更衣室へと誘った。後に盗撮などの疑いで逮捕された男は、「彼女は僕のアイドル。全てを見たかった」と歪(ゆが)んだ恋心を打ち明けたという。写真を撮られ慣れているコスプレ愛好家とはいえ、盗撮、しかも路上や電車内のような公共スペースではなく、意のままに操れる密室となると事情は異なる。「スタジオ撮影が怖い……」。事件後、インターネット上では悲鳴のような書き込みが相次いだ。

画像 20歳以上も年下の女性コスプレイヤーに一目惚れした中年男。自ら経営する“お姫様系”撮影スタジオに女性を連れ込むと、更衣室の置き時計にカメラを仕掛け、盗撮行為に及んだ

「警察に持っていかないで」

 3月8日午後10時半ごろ、神戸市の住宅街の一角にある撮影スタジオ。経営者の男(48)はすでに営業を終えた後の室内で、思いを寄せる常連のコスプレイヤー(レイヤー)の女性(27)と2人でケーキをほおばっていた。

 白やピンクの壁に、キャンドルライト。室内には花柄の寝具をそろえた天蓋付きのベッドのほか、バラの造花、ウサギや熊のぬいぐるみといった小物も置いてある。男はスタジオを「神戸の本格派お姫様系スタジオ」とアピールしていた。

 撮影モデルを依頼された女性はケーキを食べ終えると、用意された衣装に着替えるため、カーテンで仕切られた更衣室に入った。すると、棚の上に青いランプが点灯した不審な置き時計があることに気付いた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.