ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年05月11日 07時56分 UPDATE

ドコモショップに定休日 営業時間の短縮も (1/2)

ドコモショップの8割に当たる約2000店が、9月末までに定休日を設定する見通しに。

[SankeiBiz]

 NTTドコモの販売店「ドコモショップ」の8割に当たる約2千店が、9月末までに定休日を設定する見通しになったことが9日、分かった。約280店で営業時間の短縮にも踏み切る。いずれも今年度から導入する働き方改革の一環。商材や料金プランの多様化などで重くなってきたスタッフの負担を軽減する狙いがあり、職場環境を改善して顧客満足度の向上につなげたい考えだ。

画像 5月から第2水曜を定休日にしたドコモショップ幕張インター店=千葉市美浜区

 全国に約2400店あるドコモショップのほとんどは独立経営の代理店だが、ドコモ本社の働きかけを受け、4月以降、定休日の設定に動き出した。5月時点で約1200店が「第3火曜」など主に平日に定休日を設定。営業日を合わせる必要があるショッピングセンター内の店舗などは例外となる。スタッフにとっては、休日の予定をあらかじめ立てやすくなるなどのメリットがあるという。同じ商圏で複数の販売店の定休日が重ならないよう調整して決める。

 また、長時間営業(午前10時〜午後8時)の店舗については、1時間の営業時間短縮も実施。店舗の状況により変わるが、閉店を早める店が多いとみられる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.