ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年05月16日 07時45分 UPDATE

走りながら給電、夢の新技術「路面給電」始動 (1/4)

走っている車両に電気を供給する「路面給電」の研究が進んでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 自動車の環境規制が厳しくなる中で、ガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトが待ったなしの状況にある。EVの普及には課題も多いが、東大などはこれらを解消する走行中給電の技術開発に成功。未来の自動車網が浮かび上がってきた。(原田成樹)

画像 路面給電が描く未来の自動車網

“給油”が不要

 走行中給電は電車のように、走っている車両に電気を供給する仕組みのこと。電車の場合は線路や架線を通じて給電するが、EVでは高速道路などにコイルを敷設し、この上を車両が通過するときにワイヤレスで給電する。実現すれば自動車の発明以来、初めて“給油作業”が不要になる革新的な技術だ。

 受電用のコイルは車体の底部に取り付ける方式が一般的だったが、東大の藤本博志准教授らは東洋電機製造、日本精工と共同で、車輪を支えるアームに取り付ける新方式を開発した。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.