ITmedia NEWS >
ニュース
2017年05月29日 07時16分 UPDATE

ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年:「命がけで来てんだよな」……元少年Aは「モンスター」か (1/5)

神戸連続児童殺傷事件から20年。加害男性・元「少年A」の行方は知れない。「もしかするとモンスターを野放しにしてしまったのかもしれない」の声も。

[産経新聞]
産経新聞

 人目を避け、息をひそめるように暮らしていたのだろうか。その男性の姿を日中に見かけることは、同じ団地の住人でさえほとんどなかった。

画像 加害男性が昨年1月までの数カ月間住んでいた団地。週刊誌の直撃取材を受けた後、ひっそりと退去した=東京都足立区

 身長約160センチ。色白で、少しこけた頬。その男性こそが、20年前に「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」を名乗り、日本中を震撼(しんかん)させた神戸連続児童殺傷事件の加害男性(34)だった。

 東京都足立区。埼玉県との都県境に近い団地の一室で、加害男性は平成27年冬から昨年1月までの数カ月間生活していた。

 「夜になると、サドルに穴が開いたぼろぼろの自転車で出かけていた」。同じ棟に住む男性は、加害男性らしき人物の印象を語る。「『何か不気味な人だ』と話す住人もいた。2〜3カ月で、すっと忍者みたいに消えていった」

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.