ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年05月31日 07時33分 UPDATE

“痛勤”地獄から逃れたい 企業があの手この手 (1/3)

首都圏の通勤ラッシュ解消のために、鉄道各社はもちろん、都心に位置する会社も知恵を絞っている。

[SankeiBiz]

 首都圏の通勤ラッシュ解消のために、鉄道各社はもちろん、都心に位置する会社も知恵を絞っている。時差出勤の呼び掛けや線路の複々線化、座席指定列車の導入など、ストレスの少ない通勤を求め、あの手この手の取り組みが進む。時差出勤やテレワークなど多様な働き方の広がりも、“痛勤”緩和を後押しする。(村島有紀)

画像 小田急線成城学園前駅の朝の通勤ラッシュ。混雑緩和が急務だ=東京都世田谷区(小田急電鉄提供)【拡大】

シフト勤務制

 損害保険ジャパン日本興亜(東京都新宿区)は、平成27年4月から、全社員を対象にシフト勤務制を導入した。もともとの勤務時間は午前9時〜午後5時だったが、午前7時開始から午後1時開始の9パターンを用意し、社員の多様な働き方に応じる。

 埼玉県所沢市に住む同社社員の白木麻衣子さん(40)は、勤務開始を午前8時からに切り替えた。自宅の最寄り駅から本社のある新宿駅まではJRを乗り継ぎ約1時間半。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.