ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年06月01日 19時10分 UPDATE

トランプ米大統領、謎の“covfefe”ツイートで全米が大喜利 (1/2)

大統領が取り消したツイートをネタに米国民が遊んでいる。

[AP通信]

 covfefeとは一体? この謎の単語(コブフェイフェイと発音か)はドナルド・トランプ米大統領が自身のTwitterアカウントの主導権を取り戻したことを示す明らかな証拠だ。

 この1週間以上、@realDonaldTrumpアカウントから発信されるツイートは正直、退屈極まりないものだった。

 就任後初となる先週の外遊中、トランプ大統領のツイートは世界のリーダーたちとの結束をアピールしたり、メラニア夫人が子供病院を訪れた様子をリツイートしたり、到着後の声明や歓迎式典の動画、晩餐会の写真をリツイートしたり等々、ごくありふれた政治家の雰囲気を漂わせていた。

 退屈であくびが出る。

 でも、やった。Twitter民の皆さん、彼が戻ってきた。

photo Twitter大好きなトランプ大統領(AP Photo/Andrew Harnik)

 謎の単語“covfefe”を含む午前零時すぎのツイートから始まり、トランプ大統領は5月31日、多数のツイートを投稿。一連のツイートは、些細なことであれ、重大な問題であれ、大統領がまた本音を発信し始めたことを示している。

 大統領はまず、ロシアとの関係をめぐる特別検察官による捜査について「魔女狩りだ」と激しく非難。

 続いて、コメディ女優のキャシー・グリフィンさんがトランプ大統領を模した“血まみれの首人形”の写真を投稿した件について、次のようにツイートした。「私の子供たち、特に11歳の息子バロンはつらい思いをしている。ぞっとする!」

 地球温暖化対策を進める国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱については明言を避け、「パリ協定についての決断を数日以内に発表する。アメリカを再び偉大にする」とツイートしている。

 一方、インターネットは「連日の否定的なメディアのcovfefeにもかかわらず…」という謎のツイート(その後削除された)をめぐり、大いに盛り上がった。

       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.