ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年06月13日 07時47分 UPDATE

衝撃的被曝で「ずさん」続々 核物質26年放置 除染不十分 汚染室内に3時間…… (2/4)

[産経新聞]
産経新聞

 機構が9日夜に公表した現場の写真には、部屋の中に点々と落ちている黒い物質が写っており、容器から飛び出したプルトニウムかウランの酸化物の可能性があるという。部屋は広範囲に汚染され、「フード」と呼ばれる貯蔵容器を開封した設備の近くでは、法令上の立ち入り制限値の約14倍となる1平方センチ当たり最大55ベクレルが検出された。

ルーズな放射性物質管理

 そもそも、点検は何のために行われたのか。

 規制委は昨年11〜12月の保安検査で、機構を含む10施設で核燃料物質を入れた容器がフードなど貯蔵施設以外に置かれていることを確認し、今年2月、改善を指示した。10施設のうち、最大35年以上に及ぶ長期間の放置が確認されたのは、同センターなど機構の施設だけだった。

 規制委によると、改善指示後、同センターでは貯蔵施設外に置かれた核燃料物質が新たに見つかった。燃料研究棟にはすでに上限の80個の貯蔵容器がある。機構は貯蔵施設のスペースを空けるため、2月から80個の容器の中身の確認を始めた。これが点検の目的だ。すでに31個の点検を終え、より雑多な核物質が入っている容器を今回初めて開封したところ、事故に至ったという。

 袋が破裂した容器は平成3年に封印され、以来26年間、開封されていなかった。中身について機構は「どういう物がどういう形態で入っていたのか、古いので特定できていない」としている。

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.