ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年06月15日 07時56分 UPDATE

絶滅危機、進化で克服 「コードレス電話機」商機は高齢化に (1/3)

携帯電話やスマートフォンの普及で、すっかり影が薄くなったコードレス電話機だが、機能は進化を続けている。

[産経新聞]
産経新聞

 携帯電話やスマートフォンの普及で、すっかり影が薄くなったコードレス電話機だが、機能は進化を続けている。携帯電話やスマホをあまり使わず、一日の多くを自宅で過ごす高齢者向けとして、見守り機能や「振り込め詐欺」対策機能を搭載した商品が登場。デザインを工夫し、使い勝手を高めたものもある。高齢者層にターゲットを絞り込むことで、縮小傾向にある市場での勝ち残りを目指す。(橋本亮)

画像
画像 緊急呼出ボタンが付いたシャープのデジタルコードレス電話機と開発者の半谷知久さん=奈良県大和郡山市(前川純一郎撮影)
画像

緊急呼び出し

 「見守りモーニングコールに応答がありません。すぐに確認してください」

 シャープのコードレス電話機「JD−AT82CE」(税抜き市場想定価格2万2千円)は、独り暮らしの高齢者の家族らに異変を知らせる機能がある。あらかじめ設定しておいた時間に毎日呼び出し音が鳴り、応答がない場合には登録先の番号に自動で通知する仕組みだ。

 「家族への通知時に電話料金がかかるだけで、月額費用や新たな契約、設置工事などは不要。インターネットの知識がない高齢者でも手軽に始められる」(ネットワークソリューション事業部の半谷知久氏)のが売りだ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.