ITmedia NEWS >
ニュース
2017年06月15日 07時59分 UPDATE

「なんで車が飛んでくるのか……悲鳴」 添乗員、事故の瞬間を語る 運転手の夫は重傷 (1/2)

東名高速で乗用車が観光バスと衝突した事故で、バス添乗員で運転手の妻・山本梅予さんが記者会見し、当時の状況を振り返った。

[産経新聞]
産経新聞

 愛知県新城市の東名高速道路で、乗用車が中央分離帯を越えて観光バスと衝突した事故で、バス添乗員の山本梅予さん(60)が14日、同県豊橋市のバス会社で記者会見し「なんで車が飛んでくるのかと思った瞬間、ぶつかった。悲鳴が聞こえ、現実ではない感じだった」と当時の状況を振り返った。

画像 事故当時の状況を振り返る、観光バス添乗員の山本梅予さん=14日午前、愛知県豊橋市

運転席の主人が! でも乗客に声を掛けパニック防ぐ

 山本さんは運転手の山本良宗さん(68)の妻で、当日は運転席隣のスペースで乗務していた。良宗さんは脳挫傷や肋骨骨折など重傷で、現在も入院中。

 梅予さんによると、衝突した瞬間、梅予さんはとっさに身をかがめたが、バスが止まり気付くと、良宗さんは運転席で血だらけだった。「主人が死んじゃう」と叫ぶ梅予さん。燃料の臭いもしたが、乗客らと声を掛け合いパニックに陥らず、落ち着いてバスから外に出たという。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.