ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年06月27日 08時28分 UPDATE

「急所を一瞬で見分ける」 敗れた棋士が見た天才・藤井聡太四段 (1/3)

「ミスが少ない」「急所を一瞬で見分ける」――藤井聡太四段に敗れた棋士たちは、中学3年の「天才棋士」の強さをこう語る。

[産経新聞]
産経新聞

 「ミスが少ない」「急所を一瞬で見分ける」−。デビューから連勝街道を邁進(まいしん)する藤井聡太四段(14)。これまでの対局で敗れた棋士たちは、中学3年の「天才棋士」の強さをこう語る。悪手を指しても冷静に判断して最善手を選ぶ中学生離れした老獪(ろうかい)さに、歴戦のつわものたちも感服した。

画像 対戦相手たちが見た藤井聡太四段
画像 将棋の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段を相手に、公式戦29連勝に挑む藤井聡太四段=26日午前、東京都渋谷区の将棋会館

 「序盤からミスがなく、隙もない。完成度の高い将棋だった」

 21日、藤井四段が歴代1位タイの公式戦28連勝を達成した王将戦予選で対戦した澤田真吾六段(25)は、その指し手に脱帽した。2日の棋王戦予選決勝に続く2度目の対戦。前回は藤井四段を追い詰めたが、再び相まみえたときは中盤でミスを犯し、反撃のチャンスもなく完敗した。

 相手のささいなミスを逃さない粘り強さをうかがわせるケースは他にもある。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.