ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年06月27日 10時47分 UPDATE

「Facebook Messenger」のビデオ通話にリアクションやフィルター、ARマスク

「Facebook Messenger」のビデオ通話で、自分の顔にうさ耳などの3Dマスクを追加したり、顔全体で表現する「リアクション」機能、Instagramのようなフィルタを追加する機能を使えるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月26日(現地時間)、「Facebook Messenger」のビデオ通話にリアクションやフィルターなどの新機能を追加したと発表した。昨年12月から可能になったグループビデオ通話でも利用できる。

自分の顔で表現する「リアクション」

 リアクションは、Facebook本体には昨年1月に追加された「いいね!」以外の絵文字。Messengerのテキストメッセージでも3月に使えるようになった

 ビデオ通話では、自分の顔でリアクションを表現できる。例えば「悲しいね」を選ぶと自分の顔に涙が、「超いいね!」を選ぶと顔の周りでハートが弾けるアニメが表示される。

 video 1

Instagramのような加工フィルター

 画面の下に並ぶアイコンの左端にある水滴アイコンを選ぶと、モノクロや柔らかい風合いにするものなど多様なフィルターを追加できる。

 プレビューは自分の顔画像なので、公開前にどんな感じになるか確認できる。

うさ耳などのARマスク

 グループチャット機能追加の際に紹介されていた3DのARマスクが追加できるようになった。画面下左から2番めの星のアイコンをタップすると、マスク一覧が表示される。

 video 2

動画チャットをスクリーンショットで保存・共有

 右から2番めのカメラアイコンをタップすると、動画チャットの画面をそのままスクリーンショットとして保存・共有できる。

Messengerさんの投稿 2017年6月23日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.