ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年06月28日 07時50分 UPDATE

いま貨物が熱い! 佐川急便、トヨタは専用列車 コンテナずらり編成美 (1/3)

佐川急便やトヨタ自動車など、運送会社やメーカーが走らせる貨物列車がファンの間で人気だ。

[産経新聞]
産経新聞

 長距離トラックの運転手不足を背景に、注目を浴びている貨物列車。一般的には地味な印象を持たれがちで、決して乗車することはできないが、ファンの間で人気の存在がある。佐川急便やトヨタ自動車など、運送会社やメーカーが走らせる専用列車がそれだ。

時速90キロ超の俊足

 かつては寝台特急が往来していた夜の東海道・山陽線。ブルートレインがなくなった現在では貨物列車の独壇場となっている。その中で最高時速130キロというJR貨物ナンバーワンのスピードを誇るのが佐川急便専用列車の「スーパーレールカーゴ」だ。

画像 安治川口に到着するスーパーレールカーゴ。夜の東海道を駆け抜けてきた

 下りは東京貨物ターミナル(東京都品川区)を23時14分に発車し、大阪の安治川口(大阪市此花区)に5時26分に到着する。走行距離は約560キロ、平均時速は90キロを超える韋駄天ぶりを発揮。「SAGAWA」のロゴ入りで統一されたコンテナを載せて走る姿は、スターの風格が漂う。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.