ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年07月03日 08時14分 UPDATE

「右スワイプお願いします!」 若者に流行、出会いアプリ「ティンダー」の実態 (1/5)

若者の間で「出会いアプリ」が流行っている。一度ハマるとなかなかやめられなくなるマッチングアプリとは一体どんなサービスなのか。

[SankeiBiz]

 ここ数年、若者の間で「出会いアプリ」が流行っている。国内市場は拡大を続け、大手事業者も多数参入。おかげで世界中の人と簡単に繋がれるようになったが、「その人がダメでもすぐ次がいる」と恋愛が長続きしなくなったり、「続けていると疲れる」などと心身を消耗したりマイナス面も目立つ。一度ハマるとなかなかやめられなくなるマッチングアプリとは一体どんなサービスなのか。

「ネットでの出会い」は不健全?

 「とりあえず右スワイプお願いします!」。あなたが20代ならこの言葉でピンとくるかもしれない。ここ数年、若者の間で流行しているマッチングアプリ「ティンダー」でよく見かけるフレーズだ。

画像 写真をタップすると簡単なプロフィールが表示される(女性の画像はティンダー公式ブログから引用。画像はSankeiBiz編集部で一部加工しています)
画像 ティンダーの公式アプリから引用
画像 ティンダーの公式アプリから引用

 マッチングアプリとは、オンライン上での恋人探しを助けるいわゆる「出会い系」サービス。登録者の容姿や年齢、趣味、職業などから好みの相手を探し、お互いに気に入ればアプリ上でメッセージの交換ができる。メッセージで会話が弾めば食事や遊びに出掛けるなど、実際の「デート」に発展することもある。「ネットでの出会い」を経験しなかった世代からは「リスクが高い」「不健全だ」という声も聞こえてきそうだが、物心ついたときからネットに親しんできた「デジタルネイティブ世代」を含む20−30代にとって、マッチングアプリを介して見知らぬ人と会うことは珍しいことではなくなってきている。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.