ITmedia NEWS >
ニュース
2017年07月05日 08時00分 UPDATE

「阪神の急行はなんで巨人カラーなんだ」……株主総会、意外に多い「色」の質問 (1/4)

関西の私鉄各社の株主総会では、「車両の色」に関する質問も多数出た。たかが色、されど色なのだ。

[産経新聞]
産経新聞

 関西の私鉄各社が6月中〜下旬にそれぞれ開いた株主総会。抱える経営課題は違えども、株主からの意見には共通するテーマもあった。運行する車両の色だ。各社ともダイヤ改正や新たなイメージ戦略策定などに合わせて色を変えてきたが、ふだんから電車を利用する株主の間には実は不満もある。理由はさまざま。たかが色、されど色なのだ。(織田淳嗣)

屈辱のオレンジ

 「名前も言いたくない『あの球団』の色を変えることはできないでしょうか」

画像 平成13年からのリニューアルで、色が変わった阪神電気鉄道の「8000系」車両
画像 巨人のマスコットキャラクター・ジャビットに抱きつかれ笑顔を見せる巨人・大竹寛=16日、ナゴヤドーム(長尾みなみ撮影)

 6月13日、梅田芸術劇場(大阪市北区)で開かれた阪急阪神ホールディングスの株主総会。傘下の阪神電気鉄道の急行車両の主力「8000系」「9300系」がオレンジ色に塗装されていることについて男性株主から苦言が呈された。プロ野球阪神タイガースのライバルである巨人のチームカラーを連想させる−というのが理由だ。

 阪神電鉄によると「甲子園球場で阪神が巨人に負けたのを観た後に、オレンジ色の電車で帰宅するのは苦痛」との声は以前からあるという。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.