ITmedia NEWS >
ニュース
2017年07月05日 08時04分 UPDATE

子供がどんどん減っていく――赤ちゃん、今年4万人減? (1/3)

子供がどんどん減っていく。今年は去年より約4万人減りそうだ。加速する少子化に社会は対応できるだろうか。

[産経新聞]
産経新聞

 子供がどんどん減っていく。統計を取り始めた明治32年以降、年間出生数が昨年初めて100万人を切り、97万6979人となったことが社会に衝撃を与えたが、今年6月末までに公表された月間の人口動態統計速報を見ると、出生数はさらに落ち込んでいる。4カ月で前年から計1万4772人減少、年間では約4万4千人の赤ちゃんが減る計算になる。このまま続けば、減少率は平成に入って最低となるマイナス4・5%。加速する少子化に社会は対応できるだろうか。(社会部 天野健作)

ベビーブームの3分の1

 「極めて深刻な問題だ。結婚や子育てを阻害する非正規雇用労働者の経済的不安定、子育ての負担を取り除く」。菅義偉官房長官は、昨年の出生数が公表された6月2日の記者会見でこう危機感を述べた。

画像 保育所で遊ぶ子供たちと見守る保育士。入所の競争激化や保育士の人材確保は大きな課題だ=千葉市内
画像

 進行度合いは増している。厚生労働省が毎月発表している出生数の速報値によると、前年比で今年1月=2885人、2月=5594人、3月=2803人、4月=3440人の減少。前年の2月はうるう年があった影響があるものの、17年のマイナス4・3%を除くと、うるう年翌年の減少率はほぼマイナス1%台に収まっており、今年は減少率が更新されるかに注目が集まっている。

 出生数の年次推移を見ると、ピークは「団塊の世代」が生まれた第一次ベビーブーム(昭和22〜24年)があった24年の269万6638人。今はこの3分の1に迫っている。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.