ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年07月20日 15時47分 UPDATE

大型ロケットFalcon Heavyの初打ち上げは「リスクを伴う」 SpaceXのマスクCEOが講演 (1/2)

イーロン・マスク氏がISSカンファレンスで語った。

[AP通信]

 米宇宙開発企業SpaceXのイーロン・マスクCEOは7月19日、同社の新しい大型ロケット「Falcon Heavy」の初打ち上げはリスクを伴い、失敗する可能性も非常に高いとの見方を示した。

 SpaceXの共同設立者であるマスク氏は19日、国際宇宙ステーション(ISS)研究開発カンファレンスで講演し、今年フロリダ州ケープカナベラルから予定しているFalcon Heavyの初打ち上げについて率直な見通しを語った。Falcon Heavyは従来の3倍となる3基のブースターと27基のエンジンを搭載し、それら全てを同時点火しなければならない。当初の打ち上げは無人での実施となる。「いざ人を乗せる段になって、最初に搭乗しようという人は、間違いなく勇敢だ」とマスク氏。

 SpaceXは2018年後半には、Falcon Heavyを使って民間人2人を有料で月の周回旅行に送り出す計画だ。

 自身は月への旅行を予定していないというマスク氏だが、聴衆からの質問に応じ、「3〜4年後くらいには、もっと小型のFalconロケットに乗ってISSに行きたい」と答えた。SpaceXは2018年半ばの始動を目標に、「Falcon 9」ロケットとカプセル型有人宇宙船「Crew Dragon」を使って米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士をISSに輸送する計画を進めている。現在SpaceXはDragon補給船でISSに物資を届けている。

 壇上でマスク氏と対談したNASAのISSプログラム担当マネジャー、カーク・シャイアマン氏は、マスク氏の発言を受け、「では乗客名簿に載せますね」と応じた。

 マスク氏はカンファレンスで1時間以上にわたって講演。聴衆に、Falcon Heavyの打ち上げを見学しにケープカナベラルに行くよう促し、「ワクワクする体験になること請け合いだ」と断言すると、会場から大きな笑いが巻き起こった。

 「Falcon Heavyにはたくさんのリスクがある。軌道に到達できない可能性も非常に高い。“major pucker factor(身がすくむほどの恐怖)”という表現がぴったりだ」とマスク氏は危機的状況を表すスラングを使って現在の状況を説明した。

 同氏によれば、Falcon Heavyの開発はSpaceXの当初の想定よりも困難なものとなっている。だがFalcon HeavyはFalcon 9の2倍以上のペイロードを軌道に運び、宇宙船Dragonを月の軌道まで運ぶことができるようになる見通しだ。

photo ペイロードの比較(Image/ITmedia via SpaceX)
       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.