ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年07月27日 07時06分 UPDATE

Google装う偽サイトで1000人から2000万円以上だまし取る 詐欺の疑いで男2人を再逮捕 (1/2)

Googleを装ったSMSを送りつけてスマートフォンなどがウイルスに感染したと思わせ、対策費用として現金をだまし取るなどしたとして、男2人が再逮捕。

[産経新聞]
産経新聞

 インターネット検索サイト「グーグル」を装ったメールを送りつけてスマートフォンなどがウイルスに感染したと思わせ、対策費用として現金をだまし取るなどしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、電子計算機使用詐欺と詐欺の疑いで、東京都豊島区南長崎の会社役員、佐藤真(35)と、横浜市港北区新羽町の建築業、山本直樹(52)の両容疑者を再逮捕した。

 両容疑者はメール送信時にショートメッセージサービス(SMS)を利用。SMSを使って偽サイトに誘導する「スミッシング」と呼ばれる手口の詐欺事件の摘発は全国初という。

 再逮捕容疑は昨年9月〜今年1月、岩手県に住む40代の公務員男性にメールを送り、架空のウイルス対策ソフトの販売を持ち掛けるなどし、約3万円をだまし取ったとしている。調べに対し、佐藤容疑者は「黙秘します」と供述、山本容疑者は「全く知りません」と否認している。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.