ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年07月27日 15時03分 UPDATE

脱獄犯が撮影した実録「プリズン・ブレイク」動画が公開 (1/2)

スマートフォンで脱獄犯が自ら撮影した動画がテレビ局により放送された。

[AP通信]

 3人の受刑者が刑務所内にこっそり持ち込んだスマートフォンで撮影した動画には、2016年に米カリフォルニア州南部サンタアナの刑務所で起きた脱獄事件において、3人が重警備棟の通気口から段取りよく脱出する様子や、逃亡中の何日間かの様子が収められている。

 ロサンゼルスのテレビ局KNBC-TVは7月25日、この動画を放送した。動画は検察ではなく、この事件を担当する弁護士から提供されたものだという。

 テンポよく編集された動画には、この脱獄事件とその後の捜索について報じるテレビのニュース番組の一部も使われている。さらに、脱獄者の1人が動画撮影後に録音したであろうナレーションも追加され、本人自らが脱獄の様子を解説。現行の法制度に対する疑問も訴えている。

photo 脱獄犯3人はいずれも逮捕された(AP Photo/Nick Ut)

 動画には、サンタアナ刑務所の「Module F」と呼ばれる重警備棟の内部の様子も収められている。受刑者たちがどのようにしてスマートフォンを入手し、刑務所内で撮影できたのかは、定かではない。

 動画のナレーションで、アダム・ホセイン・ナエリ受刑者は次のように語っている。「奇術師ハリー・フーディーニの脱出マジックみたいに、俺たちがわずか8分間で脱出できると思いたがる人は多い。面白いけれど、これはただの俗説だ。俺たちは実際、点呼の後に房室を出た。でも刑務所側が言っている回の点呼ではない。俺は前の晩の少なくとも8時間は早い時間に房室を抜け出した」

 重警備棟の受刑者たちは、ナエリ受刑者の撮影に気付いている様子だが、誰もカメラに反応はしていない。脱獄仲間のバク・ズオン受刑者だけはカメラに向かってにっこりと笑いかけている。

       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.