ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年08月03日 08時40分 UPDATE

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教、ドイツ宗教裁判で敗訴

宗教に対するアンチテーゼとして生まれた「宗教」、FSM(空飛ぶスパゲッティ・モンスター)教団の行動に、ドイツの裁判所が出した判断は?

[AP通信]

 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教団を名乗るグループがドイツ東部の町の入り口に「ヌードルミサ」広告を掲げることを自治体が禁じるのは正当だとする判決が、ドイツの裁判所で下された。

photo 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教団(Image/ITmedia via FSM)
photo 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教団の認定証(Image/ITmedia via FSM)

 ドイツでは町の入り口にルーテル教会やカトリック教会が小さな看板を掲げ、そこに礼拝の日時が表示されるのが通例。「スパゲッティ・モンスター」のグループは、宗教が不寛容であると批判する組織で、キリスト教会と同じような看板を立てることをベルリン北東にあるテンプリンに申請していた。

 ニュース配信サービスのdpaによれば、ブランデンブルク州裁判所は、同グループが宗教的・哲学的コミュニティーの権利を有していないとの判決を8月2日に下した。判事団は、同グループによる他者の信念への批判は理念を構成しえないと述べた。

 同グループは、自分たちは人文主義組織であり、控訴を計画していると話している。

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.