ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年08月17日 07時28分 UPDATE

再配達49%→8%に激減、宅配ボックスは業界の救世主となるか (1/4)

不在でも荷物を受け取れる「宅配ボックス」は、人材難にあえぐ宅配業界の救世主になるか。

[産経新聞]
産経新聞

 ネット通販の普及で平成28年度の宅配便年間総取扱個数は40億個超まで拡大し、宅配業者の労働時間の増加や人手不足が深刻化している。最大手のヤマト運輸が総量抑制や値上げに動くほか、アマゾンを撤退した佐川急便も一部サービスの値上げを発表するなど、過酷な環境にあえぐ物流業界は対応を迫られている。そんな中で注目されているのが、不在でも荷物を受け取れる戸建て向け「宅配ボックス」だ。新たな需要に期待する住宅設備メーカーも熱視線を注いでいる。

画像 実験で設置された宅配ボックス=福井県あわら市
画像 パナソニックの宅配ボックス。自動押印機能が付いている

実証実験の結果は

 全国的にも共働き世帯の多い福井県あわら市とパナソニックが共同で実施した「宅配ボックス実証実験」の最終結果報告によると、未設置の状態での宅配便の再配達率は49%だったが、設置後4カ月の平均は8%に激減した。同市在住の共働き106世帯を対象に、昨年12月から4カ月間、戸建て向け宅配ボックスを設置して前後を比較した。

 再配達率の減少は、労働時間に換算すると4カ月合計で223時間に相当し、CO2削減量も計約465・9キロ(杉の木換算で約33・3本分)にのぼった。もともと未設置の世帯が対象で有効性は予想されていたものの、「想像以上」(パナソニック)と関係者は驚いた。

 あわら市によると「モニター世帯からは、耳が悪く業者に気付かないお年寄りや、子供だけの留守番時でも荷物が受け取れるという声があった」といい、不在時の受け取り以外にも効果がある。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.