ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月21日 07時11分 UPDATE

高齢化進む「街の電器屋さん」 後継者探し、パナソニックが支援 (1/2)

パナソニックが、経営者の高齢化が進む「街の電器屋さん」の後継者探しに乗り出すことが分かった。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックが、経営者の高齢化が進む「街の電器屋さん」の後継者探しに乗り出すことが19日、分かった。同社製品を扱う系列販売店の経営者家族らと話し合って営業継続を後押しする。家電に関するあらゆる相談に応じる電器屋さんは、重要な販売拠点となっているだけでなく、廃業すると周辺の高齢者顧客を「買い物難民」にする恐れもあるためだ。

3割が後継者不在

 同社は約1万5千店の系列販売店「パナソニックショップ」を抱える。平成28年度にこのうち約8千店を対象に調査したところ、経営者の平均年齢は63歳で3割近くは後継者がいないことが分かったという。

画像 経営者の高齢化が進む「パナソニックショップ」=東京都東大和市(パナソニック提供)

 このため、店舗の事業承継を進める「準備」「手順」「実行」の流れを記したマニュアルを策定。10月から約千人の営業担当者が各店の事情を確認した上で、経営者や親族だけでなく従業員とも面談し、営業継続の可能性を話し合う。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.