ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月22日 07時17分 UPDATE

ビットコインの危うさと課題 匿名性と便利さ悪用、犯罪に浸透 (1/6)

ビットコインに絡む事件や不穏な動きがここ数年、国内外を問わず顕在化している。匿名性と便利さ悪用し、犯罪に利用されることも多い。

[産経新聞]
産経新聞

 「サイバー戦は万能の宝剣だ」。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は指導者就任以来、こう強調し、サイバー部隊の育成に力を入れてきた。

 韓国の警察当局は、その中核を担う工作機関「偵察総局」が世界規模でサイバー攻撃を繰り返し、昨年以降、企業から不正入手した情報を公開しない見返りなどとして仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の要求に乗り出したとみている。

 さらに今年5月ごろからは、北朝鮮系ユーザーがBTCの「採掘」(取引に伴う膨大な計算に協力して報酬を得ること)を急増させているとの見方も浮上。対北消息筋も「ネット空間での大掛かりな外貨稼ぎに打って出るだろう」と予測しており、制裁強化で現実世界の金融口座が国際社会の監視にさらされる中、北朝鮮がBTCに目を付けたことは容易に想像できる。

 BTCに絡む事件や不穏な動きがここ数年、国内外を問わず顕在化している。

■  ■  ■

 「マウントゴックスを世界最大のマーケットにしたい気持ちがありました」

画像

 7月11日、東京地裁。法廷の証言台に立ったマルク・カルプレス被告(32)はこの日の初公判で、最高経営責任者(CEO)を務めていたBTC取引所「マウントゴックス」(東京)への思いを語り、「私は神に誓って無実です」と潔白を主張した。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.