ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月22日 07時21分 UPDATE

スマホゲーム「無間地獄」 「FGO」にはまり、親のカード使い込んだ25歳 (1/6)

気晴らしに始めたスマホゲーム「FGO」にはまり、両親のカードを上限まで使い込む――最近のスマホゲームは「無間地獄」だという評価も。ゲーム依存の構造は。

[産経新聞]
産経新聞

 誰もが、どこでもスマートフォンを手にしている光景が当たり前となり、インターネットの世界と切っても切れない関係となった現代。そこにもゲームといった依存に陥る構造が存在する。彼らはどのようにして溺れたのか。

画像 両親のクレジットカードを使い、スマートフォンゲームの「課金」を繰り返す若者は後を絶たない(写真と本文は関係ありません)

有料くじ「ガチャ」夢中に 仮想世界のヒーローになるために

 宇野築(25)=大阪市旭区=は大学卒業後、障害者支援施設でアルバイトを始めた。働き始めて4カ月ほどが経過したころ、突然体調を崩して働けなくなった。自宅療養に切り替えたとき、気晴らしに始めたスマートフォンのロールプレーイングゲーム(RPG)「フェイトグランドオーダー」(FGO)などに、はまった。

 RPGは、架空の設定のもと、ゲーム参加者が登場人物を操作し、戦いや謎解きを通し、アイテムなどを手に入れるゲームだ。ゲームを有利に進められる武器などが手に入る有料くじ「ガチャ」があり、宇野はその獲得に夢中になった。

 就職に失敗し、アルバイトをしたが、わずか4カ月で体調を崩した。一度も実家を出たことがなく、友人ら周囲とうまく折り合えなかった。しかし、ほとんど何もできなかった現実とは違い、自分を大きく見せられ、優越感に浸れるゲームもあった。そのためにはガチャが欠かせなかった。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.