ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年08月29日 13時21分 公開

北朝鮮の弾道ミサイルが襟裳岬沖の太平洋に落下 予告なしの日本上空通過は1998年のテポドン以来 (1/2)

今回発射されたミサイルは「火星12」と推測されている。

[AP通信]

 北朝鮮が8月29日、首都平壌の近くから弾道ミサイルを発射した。ミサイルは北海道上空を通過し、太平洋上に落下。いつにも増して挑発的な今回のミサイル発射は、緊迫した情勢が続く朝鮮半島近隣地域に大きな波紋を広げている。

 韓国軍の合同参謀本部は声明で、ミサイルは北海道上空を通過し、約2700kmを飛行、最高高度は550kmに達したと発表。韓国軍は現在、米軍と共同で今回のミサイルについて詳しく分析中であり、北朝鮮からのさらなる挑発に備え、監視と警戒を強化したという。

photo (AP Photo/Shizuo Kambayashi)

 日本政府は、船舶などへの被害は報告されていないと発表。NHKは、ミサイルは3つに分裂して落下したと報じている。安倍首相は記者らに対し、「国民の生命を守るため万全を尽くす」と語った。

 北朝鮮は今年に入り異例のペースでミサイル発射を繰り返しているが、ミサイルを発射するごとに「米国を確実に攻撃できる核ミサイルを完成させる」という最終目標に一歩ずつ近付きつつあることから、米国とそのアジアの同盟国には動揺が広がっている。アナリストの中には、北朝鮮はドナルド・トランプ米大統領の最初の任期が終了する2021年1月までにこの目標を達成すると考える向きもいる。29日のミサイル発射の数日前には、北朝鮮は短距離弾道ミサイル3発を日本海に向けて発射。7月末には2度目の大陸間弾道ミサイル発射実験も実施しており、アナリストは「完成すれば北朝鮮のミサイルは米国本土に到達可能である」との見方を示している。

 現在、米軍と韓国軍は定例の合同軍事演習を実施中だ。この合同軍事演習に反発し、期間中、兵器の実験で応酬したり、国営メディアを通じて韓国と米国に挑発的な発言を繰り返したりするのは北朝鮮の常だ。だが先日トランプ大統領が北朝鮮に対し、これ以上米国を脅かすなら「北朝鮮は炎と怒りに直面することになる」と警告したことを受け、北朝鮮は反発を強めており、太平洋上の米領グアムに向けてミサイル数発を発射する計画を検討中であることを明らかにしている。

       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.