ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月08日 08時04分 公開

Apple Pay悪用、中国人“爆買い”詐欺 留学生「買い子」グループが暗躍 (1/4)

中国人らの犯罪組織が“爆買い”を装った詐欺事件を繰り返していた。Apple Payを悪用した手口だ。

[産経新聞]
産経新聞

 中国人らの犯罪組織が“爆買い”を装った詐欺事件を繰り返していた。米アップル社のiPhone(アイフォーン)向け電子決済サービス「アップルペイ」で、他人名義のクレジットカード情報を使って商品をだまし取ったとして、大阪府警が詐欺容疑などで中国籍の留学生の男2人を逮捕していたことが8月、明らかになった。男らはインターネット上で知り合った人物の指示を受け、家電量販店で2日間に高級腕時計やパソコンなど約730万円分を購入していた。埼玉県警も同様の容疑で中国籍の男女4人を逮捕しており、2つの「買い子」グループに同じ中国人組織が指示していたとみられる。警察当局は、カード自体を提示せずに済むアップルペイの決済の手軽さを悪用した新たな手口とみて警戒を強める。(井上浩平)

画像 アップルベイを悪用した詐欺事件の構図

報酬は転売額の2〜3%

 「今回は偽造カードではなく携帯電話を使った詐欺をやってくれ。報酬は大きい」

 府警に詐欺容疑などで逮捕された中国籍の留学生の男(23)ら2人に対し、中国人向けのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて指示があったのは、今年2月下旬のことだった。

 府警国際捜査課によると、2人に指示を出したのは、ネット上で知り合った中国人犯罪組織に所属するとみられる人物。2人は1月以降、SNSでの指示に従い、中国人観光客を装って偽造カードでたばこの爆買いを繰り返していたという。多額の報酬が得られる新たな指示を断る理由はなかった。

 2人は3月26、27両日、指示通り大阪市と京都市の家電量販店に足を運び、アップルペイを使ってロレックスの腕時計4点やデジタルカメラ、ノートパソコンなど17点(約730万円相当)を購入した。捜査関係者は「商品は換金性の高いものばかりだった」と振り返る。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.