ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月11日 08時19分 公開

Twitter日本法人前で「差別ツイート野放しやめて」 「のりこえねっと」など抗議 (1/2)

「差別ツイートを野放しにしないで」――Twitter日本法人前で8日、抗議活動が行われた。

[産経新聞]
産経新聞

 日本で短文投稿サイト「ツイッター」を運営するツイッタージャパン(東京都中央区)が入る東京スクエアガーデン前の歩道で8日、百人前後が「差別ツイートを野放しにしないでください」などとツイッター社の差別表現の取り扱いに抗議した。

画像 「差別ツイート」としてツイッター社が入るビル前の歩道に敷き詰められたツイート=8日、東京都中央区(三枝玄太郎撮影)
画像 「差別ツイート」としてツイッター社が入るビル前の歩道に敷き詰められたツイート=8日、東京都中央区(三枝玄太郎撮影)
画像 ツイッターのマークが大書されたボードを立てる人たち=8日、東京都中央区(三枝玄太郎撮影)

 東京スクエアガーデン前の歩道には、参加者らが「差別ツイート」を印刷した紙をびっしりと並べ、幅約5メートル、長さ約40メートルほどの「差別ツイートの道」ができた。

 参加者らによると、同社が差別ツイートを放置しているため、自分たちも路上に差別ツイートを「放置」したのだという。「皆さんもどうぞ踏んで下さい」と参加者が呼びかけたが、オフィス街を行き交う人は迂回して歩く人が多かった。

 今回のイベントは、フリー編集者の野間易通(のま・やすみち)氏が主宰する「対レイシスト行動集団」や東京MXテレビの「ニュース女子」の番組内容が沖縄を差別していると抗議している辛淑玉(シン・スゴ)氏(58)らが共同代業を務める市民団体「のりこえねっと」などがツイッターで参加を呼びかけ、当日も刻々と現場からの状況をツイートやリツイートした。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.