ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年09月18日 10時05分 公開

iPhone Xで「スーパーフォン」市場開拓? Appleの高価格戦略は吉と出るか (1/3)

このところのApple製品はどれも高額。予想を下回ったとはいえiPhone Xも約1000ドルする。

[AP通信]

 米Appleが発表した高級路線の新型iPhone「iPhone X」には、自社の技術力への自信がにじむ驚きの高価格が付けられている。こうした攻めの価格戦略は、これから起こるであろうことの前触れともとれそうだ。

photo ジョナサン・アイブ最高デザイン責任者といっしょにiPhone Xを手にするティム・クックCEO

 9月12日に発表された待望の新型iPhone「iPhone X」の価格は999ドルから。10年前の初代iPhoneと比べて約2倍、現在販売されている他のどの競合製品よりも高い価格設定となっている。自らを長年、“あこがれの高級ガジェットの専門業者”と位置付けるAppleとしては、当然の値付けかもしれない。

 一方でこれは、Appleが今後も製品の高価格化を続け、攻めの価格戦略を強化する方針であることを示す明確な兆候でもある。Appleが新製品で提供する機能強化は多くの場合、漸増的か派生的なものであるにもかかわらずだ。そして何より、Appleの方針はITガジェットの価格が徐々に低下しているここ数十年間の傾向に逆行するものだ。他社のガジェットは、新機能の追加や高性能化を図りながらも、価格は低く抑えられる場合が少なくない。

 例えばAppleが12日に発表したメディアストリーム端末「Apple TV」は179ドルと、同様の競合製品と比べてはるかに高価格だ。新たにLTE通信をサポートするスマートウォッチ「Apple Watch」も約400ドルと強気の価格。Appleが12月に発売するスマートスピーカー「HomePod」も349ドルと、市場シェアトップのAmazonのスマートスピーカー「Echo」と比べて2倍近い価格だ。

 Appleは従来のiPhoneの後継機種である「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」についても価格を引き上げ、iPhone 8は「iPhone 7」よりも50ドル高く、iPhone 8 Plusは「iPhone 7 Plus」よりも30ドル高い価格に設定している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.