ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年09月19日 15時09分 公開

Snapchatがアルジャジーラのコンテンツをブロック サウジアラビア政府の要請を受け

サウジアラビアで人気のSnapchatに削除要請。

[AP通信]

 中東主要国とカタールとの国交断絶問題が長引く中、動画メッセージングサービス「Snapchat」はカタールのテレビ局アルジャジーラがSnapchatのキュレーションプラットフォーム「Discover」で提供する番組へのサウジアラビア国内からアクセスを遮断するという措置を講じている。アルジャジーラはカタールの首都ドーハに本拠を置く衛星テレビ局だ。

photo アルジャジーラ(Image via ITmedia)

 アルジャジーラはこの措置について、「嘆かわしく」「憂慮すべき」もので、「メディアコンテンツの検閲」にあたる、と批判。アルジャジーラは今年5月にSnapchatのDiscoverプラットフォームでアラビア語の番組の提供を開始したが、その1カ月後にサウジアラビアをはじめとするアラブ諸国はカタールとの国交を断絶している。

 サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの4カ国は、カタールがアルジャジーラを利用して自国の政策を推進していると非難。アルジャジーラのサイトへの国内からのアクセスをブロックしている。

 Snapchatはサウジアラビアの若者の間で広く人気を集めている。Snapchatを運営する米Snapは9月18日、「サービス提供国の現地法に従う必要がある」と説明。同社によれば、サウジアラビア当局から、「インターネット法に抵触している」との理由でアルジャジーラのチャンネルを同国向けのSnapchatアプリから削除するよう要請があったという。

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.