ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月26日 07時34分 公開

「一番数字を持っている」ライター・ヨッピーさんが語る 「若い人ほど司馬遼太郎を読むべき」 (1/7)

「ネット記事で一番数字を持っている」ライターのヨッピーさんが初めての著書を出版した。「カネの匂いがする人はなるべく敬遠する」「とりあえず水風呂に入ろう」と、独特の助言が満載だ。ヨッピーさんに話を聞いた。

[産経新聞]
産経新聞

 「ネット記事で一番数字を持っている」書き手の1人とされているのが、ライターのヨッピーさん(36)だ。体を張った企画記事から、ゆるめの記事、社会派記事まで幅広く手がけており、愛読者も多い。そんなヨッピーさんが初めての著書「明日クビになっても大丈夫!」(幻冬舎、1400円+税)を出版した。主に若いサラリーマンに向けた提言書。「カネの匂いがする人はなるべく敬遠する」「とりあえず水風呂に入ろう」−と、普通のビジネス書ならお目にはかかれない、独特の助言が満載だ。ヨッピーさんに話を聞いた。

画像 初著書「明日クビになっても大丈夫!」を出版したライターのヨッピーさん(本間英士撮影)

千葉市長とゲーム対決

画像

 「ツタンカーメン展」に行列あれば、ツタンカーメンのコスプレで出かけてテレビに映る。自転車ゲームアプリの企画記事を書くため、なぜか三輪車で都内一周を試みる。人気ゲームアプリ「シムシティ」紹介のため、熊谷俊人・千葉市長とゲーム“対決”する……。ヨッピーさんが書いてきた記事の一例だ。

 読む側がツッコミを入れたくなる記事も多いが、それでも最後まで読ませてしまうパワーが持ち味。

 企業や自治体などのPR記事を手がけることも多いが、テーマ設定の面白さと軽妙な書きぶりで、やはり読ませてしまうのが「数字を持っている」ライターのゆえんだ。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.