ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月27日 07時57分 公開

「1デート当たりの課金コストを最小化」 マッチングアプリで結婚した男性に聞く“コツ” (1/6)

マッチングアプリ「ペアーズ」で入籍まで至った“結婚成立カップル”の新郎に、マッチングの精度を上げるコツなどを聞いてみた。

[SankeiBiz]

 この夏、若者を中心に人気のマッチングアプリ「ペアーズ」が、渋谷を中心に大規模な広告キャンペーンを行った。出演しているのはペアーズを介して出会い、入籍まで至った“結婚成立カップル”。今回はそのうちの1組の新郎に、マッチングサービスでの出会いのメリットやデメリット、マッチングの精度を上げるコツなどを聞いてみた。初めてペアーズを介して女性と会ったときは、“衝撃的な洗礼”を受けたという……。

渋谷にカップルの街頭広告

 この夏、渋谷のスクランブル交差点にあるカップルの街頭広告が登場した。ポスターでは男女が仲睦まじくポーズを取り、キャッチコピーには「ペアーズは、最先端の仲人ですね」とある。累計会員数600万人を超える人気のマッチングアプリ「ペアーズ」で出会って交際を始め、入籍まで至った“結婚成立カップル”だ。

画像 ペアーズのポスター広告。中央の男性が仁田坂淳史さん(同社提供)
画像 仁田坂淳史さん

 ペアーズを運営するエウレカ(本社・東京都)は8月、渋谷エリアで大規模な広告キャンペーンを行った。渋谷や表参道の18カ所で冒頭のポスタージャックを展開したほか、入籍カップル出演の動画を街頭ビジョンで映した。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.