ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年10月03日 15時18分 公開

ラスベガス銃乱射事件の全貌 容疑者は「カジノ好きの裕福な64歳白人男性」 (1/3)

米国史上最悪の銃乱射事件が起きた。だがその動機は謎のままだ。

[AP通信]

 米ネバダ州ラスベガスで10月1日夜(現地時間)、何千人ものコンサート客に向けてホテルの32階から発砲するという米国史上最悪の銃乱射事件が発生した。捜査当局は単独犯とみられるこの事件の容疑者について調べを進めているが、その動機は翌2日になっても謎のままだ。

 この事件では少なくとも59人が死亡し、数百人が負傷。事件が起きた1日夜、現場では「ルート91ハーベストフェスティバル」が開催され、カントリーミュージックの人気シンガー、ジェイソン・アルディーンが演奏中だった。容疑者はこの野外コンサート会場の向かいにあるカジノホテル「マンダレイベイ」の窓を叩き割り、部屋に隠しておいたライフル銃で発砲を始めた。警察がホテルの部屋に突入したときには、既に容疑者は自殺していたという。

photo 発砲のために叩き割られたホテルの窓(AP Photo/Chris Carlson)
photo 逃げまどう人々(Shawn Kilgore via AP)

 この悲劇的な事件の捜査状況と米国内での反応をまとめる。

捜査状況

 事件を受け、イスラム過激派組織ISが犯行声明を出したが、捜査当局は今回の事件に国際テロ組織が関係している可能性は低いとの見方だ。

 仕事を引退し、ネバダ州メスキートで余生を過ごしていたスティーブン・クレイグ・パドック容疑者(64)は、特に警察に目をつけられるような人物ではなかった。当局はパドック容疑者が単独で犯行に及んだとみているが、同居していた女性(62)に事情聴取をする方針だという。

 「現時点ではサイコパスの心に入り込むことができない」とラスベガス警察のジョゼフ・ロンバルド保安官は語る。

 捜査状況に詳しい2人の関係筋によると、当局はパドック容疑者が滞在していたホテルの部屋から少なくとも17丁の銃を押収したという。

 現在、ラスベガス警察が捜査を指揮しており、ジェフ・セッションズ司法長官はFBI(連邦捜査局)など複数の連邦政府機関に協力を指示している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.