ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年10月11日 07時20分 公開

世界最強「ネオジム磁石」はたった1人の実験から生まれた (1/5)

「世界最強の磁力」と呼ばれるのが「ネオジム磁石」。たった1人で開発した佐川真人さんは「たとえ外れても直感でやってみたらいい。そうしたら新しい分野が開ける」と強調する。

[産経新聞]
産経新聞

 世界最強の磁力−。こう呼ばれるのが「ネオジム磁石」だ。パソコンのハードディスクや携帯電話、電気自動車など、強力で小型・軽量のモーターを必要とする製品では欠かせないもので、いまや私たちの生活を支えている一つといっても過言ではないかもしれない。開発したのは大同特殊鋼(本社・名古屋市)の顧問で、京大桂ベンチャープラザ(京都市西京区)で研究を続ける佐川真人氏(74)。ノーベル賞候補にも名が挙がる研究者は「たとえ外れても直感でやってみたらいい。そうしたら新しい分野が開ける」と強調する。

画像 「ネオジム磁石」を開発した大同特殊鋼顧問、佐川真人氏=京都市西京区
画像 大同特殊鋼の熱間加工法でつくる「ネオジム磁石」。ホンダのミニバン「フリード」の新型車にも搭載されている

わずか1グラムで3キロを持ち上げ

 1円玉ほどの大きさの磁石を近づけると、いとも簡単に鉄の塊がくっついて持ち上がった。「わずか1グラムのネオジム磁石で3キロの鉄を持ち上げられる」と佐川氏は語った。

 ネオジム磁石は、昭和57(1982)年7月、住友特殊金属(現・日立金属)の社員だった佐川氏が、レアアース(希土類)の一種のネオジムと鉄、ホウ素の3元素を組み合わせて開発した。

 それまでは、コバルトとレアアースのサマリウムを使った「サマリウムコバルト磁石」が最強だったが、ネオジム磁石の強さは、その約2倍だ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.