ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月16日 07時35分 公開

前日の防犯訓練と同じ「ドッキリかと」 電子マネー詐欺、コンビニ店員が見破り (1/2)

大阪市内のコンビニで電子マネー詐欺対策訓練が行われた翌日、想定とまったく同じ事態が起き、店員が被害を防いだ。

[産経新聞]
産経新聞

 電子マネーのギフトカードをだまし取る特殊詐欺をめぐり、大阪市内のコンビニで警察の対策訓練が行われた翌日、想定とまったく同じ事態が起き、店員が被害を防いだことが14日分かった。お手柄の店員は「直後すぎてドッキリかと思った」と話した。

画像

 訓練は今月10日、大阪市浪速区のコンビニに近隣のオーナーらを集め、大阪府警浪速署が実施した。アダルトサイトの登録料を架空請求され、5万円分のカード購入を客が詐欺犯から指示されている想定だった。

 翌11日、同署向かいのセブンイレブンで60代の男性が5万円分のカードを持ってレジへ。応対した神野光平さん(28)は店長から聞いた訓練内容と同一の状況に内心驚きながら「何に使いますか」と尋ねた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.