ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年10月17日 10時32分 公開

「ハリー・ポッター」のホグワーツ特急、湖畔に取り残されていた家族を救出

まるで魔法。

[AP通信]

 スコットランドで10月13日、魔法のような出来事があった。人里離れた山小屋に取り残されていた家族の救出に、あのホグワーツ特急がやってきたのだ。

 人気映画シリーズ「ハリー・ポッター」でハリーたちを学校まで乗せていくホグワーツ特急。そのモデルとなった実在の蒸気機関車ジャコバイト号は現在、スコットランドハイランド地方の風光明媚な車窓を楽しめるルートを走行している。

 10月13日、この列車は予定外の停車を行い、嵐でカヌーを流され人里離れた湖畔の山小屋に取り残されていた6人家族を救出した。

photo 「ホグワーツ特急」に駆け寄る子供たち(Jon Cluett via AP)

 救出されたのは、ジョン・クルエットさんとその妻とその4人の子供たち(6〜12歳)だ。一家はエイルト湖畔の山小屋に滞在していたが、朝、目を覚まし、自分たちのカヌーが流されていることに気が付いた。

 車を停めてある場所には沼地を5キロほど歩かなければたどり着けないことから、クルエットさんは警察に連絡し、何かよい方法がないかアドバイスを求めたという。

 「警察にこう言われた。『次に近くを通過する列車に皆さんを救助してもらうよう手配した。信じられないだろうが、その列車はホグワーツ特急の蒸気機関車だ。子供たちは大喜びだろうね』」。クルエットさんは15日、そう語った。

 子供たちは皆ハリー・ポッターのファンで、今回の出来事には「本当に興奮していた」という。

 「子供たちはハリー・ポッターの映画も知っているし、ハイランド地方がそのロケ地であることも知っている。でも実際にジャコバイト号の姿を目にするまでは、頭の中を整理できなかったようだ」とクルエットさんは語る。

 スコットランド中央部のスターリングにある教会の牧師だというクルエットさん。カヌーが誰かに発見され、今回の件が完璧なハッピーエンドで終わることを期待しているという。

 「きっとそのうち見つかるだろう。長さは5メートル弱、フロート付きの赤いカヌーだ」とクルエットさんは語る。

photo 米フロリダ州オーランドにあるホグワーツ特急(Image via Universal Orland Resort)

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.